縁パシー

縁パシー

お疲れ様です。

先週は、所属する会の新人オリエンテーションや研修にいって参りました。

特に研修では、脳科学、右脳や左脳の前頭前野や心理学等をグループに分かれパートナーセッションし学びました。

パートナーは、自称 優しさの母性が欠け超論理型の毒舌な成果を出し続ける方でした。

自己開示時、自分で無意識に人に関わらないようにコントロールしてるだけで本当は優しい人でした。

人は、みんな優しい。

それを制御しているのは、幼少期の体験や過去の経験によったり、立場だなと、感じました。

社長、経営幹部は、共感力がなければ致命傷になるそうで、人は、共感を得られなかったら傷つく。

特に、優しさの母性が低いと他者の内面が理解できなくその人を理解できなくなるのだと。

見せかけの優しさ、本当の優しさ。

日頃の行動や関わり、そして、結果にあらわれる。

そんなこんな、論語とそろばん

直観を信じてと、よくあるが、右脳と左脳をバランスよくだ^_^

追伸、先日、友が眠っているお寺さんに清書された四摂法です。

通じるものがあると思います。

 

 

Comments are closed.